スタッフブログ Blog

コロナ禍での歯科受診は必要??

『虫歯や歯周病が悪化・・・コロナ禍で広がる口内トラブル』

一端、落ち着きをみせていた、新型コロナウイルスの感染拡大は今年に入り猛威を振るっています。

皆さんのご家庭や職場、学校などでも、話題にのぼらない日はないのではないでしょうか?

このような状況の中、歯科受診を控えた結果、虫歯などが悪化するケースが増えています。生活の変化や、マスク着用が歯に与える影響をまとめました。

『間食の増加や受信控えで虫歯悪化?』

自宅で過ごす時間が長くなり、甘いものを摂取する機会が増加。また感染への不安から歯科受診を控える人も見られ、その結果、虫歯や歯周病が悪化しているケースが増えているといいます。コロナ禍での生活変化に関しては、多くの人が運動量の減少、体重や間食の増加を訴えています。

 

『ストレスからくる歯痛も』

日本口腔保健協会は、コロナ禍のストレスが口の中にも影響を及ぼすと指摘。歯ぎしりやくいしばりなどを助長するとのことです。

 

『マスクが口内トラブルの原因に?』

マスクの着用は、口を動かす機会が減ることに加え、口呼吸が増えることも指摘され、唾液の分泌量が減る傾向に。口内細菌がたまりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。口臭の原因にもなります。

サラサラの唾液は、リラックスしている時に分泌されるので「ゆっくりよく噛んで食事をする」「キシリトールガムを噛む」「唾液腺マッサージをする」などが効果的です。

 

 『まだ研究途中ですが、分かってきたこと・・・』

新型コロナウイルスの感染方法は大きく分けて、2種類

   ·  細胞の中に侵入する方法

   ·  細胞の表面に付着する方法

まず、侵入する方法ですが、なんとこの時、歯周病菌が手助けをして、細胞の中に入れるようにしてしまうのです。

さらに、付着する際も、ウイルスが付着できるように歯周病菌が準備をしてしまうのです。

実はインフルエンザの感染も歯周病菌が関係しているという研究結果もあります。

歯磨きなどの口腔ケアは、歯周病菌などお口の中の細菌を減らします。

という事は、歯周病菌を減らすべく口腔ケアをしっかり行いましょう!!

コロナウイルスの付着しやすい部位は舌。

舌ケアも忘れずに!!

マス歯科医院では、消毒や手洗い、換気の徹底、待合室で密にならない工夫をしています。これまでに歯科治療を通じて患者に感染したという報告はないということです。

お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-662-1600 TEL 075-662-1600 受付時間 9:00~13:00 / 14:30~18:00
※ 日曜・木曜・祝日

\ 24時間受付中 / 24時間ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 
烏丸十条マス歯科・矯正歯科

〒601-8037
京都府京都市南区東九条西河辺町5-1
TEL 075-662-1600

 
9:00 - 13:00
14:30 - 18:00
【診療時間】
9:00~13:00 / 14:30~18:00
【休診日】
日曜・木曜・祝日

Google MAPで見る

24時間WEB予約受付中 アクセス・診療時間
タップすると電話がかかります 075-662-1600 ウェブ予約