予防歯科Preventive Care

虫歯•歯周病リスクを
下げるための
メンテナンス

歯周病で失った骨や歯茎、虫歯で溶けてしまった歯を全く同じ状態に戻すことはできません。予防に勝る治療はないのです。

お口の中には大腸よりも多くの細菌がいます。通常、毎日の歯磨きを欠かさずにしていても、お口の中の菌は増え続けてしまいます。歯科医院でメンテナンスを行うと、お口の中の虫歯菌や歯周病菌を一時的に大きく減らすことができるため、虫歯や歯周病のリスクを下げることができるのです。

歯磨き以上に 歯を白くする PMTC

PMTCとは Professional Mechanical Tooth Cleaning の略で、専門の道具を使って歯の表面を磨き上げる治療です。

歯の表面に付着した着色を落とすだけでなく、歯の表面の微小な傷を滑らかにすることで、汚れや着色が付きにくい歯にしていきます。歯を美しくするだけでなく、歯周病や虫歯の予防にもなる、オススメの予防法です。

topics

予防する?しない?
その選択が
一生を左右するかもしれません

定期的に予防処置を行うと、どんないいことがあるのでしょうか?
お口の中は、どんなに頑張っても100%綺麗に磨くことはできません。
歯科医院では、日々の僅かな磨き残しを取り除くことで、口の中を清潔にしていきます。菌の数を一時的に大幅に減らし、虫歯や歯周病のリスクを下げることができるのです。これを定期的に繰り返し、もし虫歯や歯周病になったとしても症状が軽いうちに治療を行うことで、痛くなってしまったり、腫れてしまったりといった急性症状を防ぐことができると考えられます。


シーラント(保険適用)

シーラントは、歯の溝をフッ素を配合した樹脂で埋める処置です。主に5~6歳頃に生えてくる6歳臼歯(第一大臼歯)に施術します。この時期の6歳臼歯の噛む面の溝はとても深く、歯の表面も未成熟で柔らかいため、虫歯になりやすいのが特徴です。
歯を削ることのない治療なので、痛みはほとんどありません。摩耗(擦り切れること)や噛み合わせによってシーラントが取れてしまうこともありますので、定期検診でもチェックしていきます。

topics

フッ素塗布

フッ素塗布は、生えたばかりの永久歯の虫歯予防に効果的です。またご高齢の方は、歯茎が下がってしまうと歯の根元が露出してしまい、その部分が虫歯になりやすくなります。フッ素は露出してしまった根面の虫歯予防にも効果があります。

  • 虫歯予防の
    3つの作用
    • 歯の再石灰化の促進
    • 歯質の強化
    • 細菌の酸産生の抑制
  • 家庭での
    フッ素の使用法
    • フッ素配合の歯磨剤
    • フッ素洗口
    • ブクブクうがいができるお子様からが対象となります。まだブクブクうがいができないお子様には、ジェルタイプやスプレータイプのフッ素もあります。

  • フッ素の
    ポイント

    毎日の歯磨き時に使用することで虫歯予防効果が期待できます。
    年齢によって使用量、使用方法が異なりますので、ご注意ください。

  • 歯科医院で行う
    フッ素塗布

    当院では、フッ素塗布の前にクリーニングを行います。歯の表面の細かい汚れを取り除いておいた方が、フッ素が浸透しやすく、効果が高まるためです。また、歯科医院専用の高濃度のフッ素を用いることで、より高い効果が期待できます。
    3~4ヵ月に1度、フッ素塗布を行うとより効果的ですので、定期検診の際に行うと良いでしょう。

ブラッシング指導・食生活指導

ブラッシング指導・ 食生活指導

当院では、ライフステージに合わせた
ブラッシングや食生活の指導を行っています。

  1. 乳児期

    歯が生え始める時期です。

    • 生え始めはお口を触られることを嫌がることもあるので、早い時期から口に触られることに慣れさせておきましょう
    • 母子感染防止のために、大人との口移しは控えた方が良いでしょう
    • おやつは時間を決めて食べましょう
    • ジュースはおやつの時だけ飲むなど、工夫しましょう
  2. 学童期

    永久歯に生え変わる時期です。

    • 乳歯と永久歯が混在して歯ブラシが難しい時期ですので、仕上げ磨きをしっかり行いましょう
    • 定期的にフッ素塗布を行いましょう
    • おやつは時間を決め、ジュースなどはできるだけ控えましょう
  3. 思春期

    大人の歯が生え揃う時期です。

    • 部活や受験など多忙になり、食生活も不規則になります
    • 口腔内への関心も薄れ、ストレスも多くかかる時期です
    • 定期検診を心がけましょう
    • キシリトール配合のガムなどを利用しましょう
  4. 成人期・壮年期

    永久歯が完全に生え揃った状態です。

    • 仕事や家庭、育児などで忙しくなり、ストレスが増える時期です
    • 忙しさのために口腔内へのケアが不十分になりやすく、虫歯や歯周病が知らない間に進行しやすくなります
    • 不規則な食生活の見直しや定期検診を心がけましょう
  5. 高齢期

    身体の機能の衰えとともに、お口のお手入れが難しくなります

    • 歯周病などが進行し、歯を失う部分がでてきます
    • 上手く手指を動かすことができず、清掃が難しくなります
    • 全身疾患の影響が口腔内にも出やすくなります
    • こまめな定期検診を心がけましょう

お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-451-0418 TEL 075-451-0418 受付時間 9:30~19:00
※ 日曜・祝日、土曜午後を除く

ウェブからのご予約はこちら ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 マス歯科医院
〒602-8421
京都府京都市上京区
上立売通堀川西入芝薬師町623
TEL 075-451-0418 / FAX 075-415-1571

 
9:30 - 19:30
9:30 - 13:30
【診療時間】
月曜日~金曜日/
9:30~19:30
(受付終了19:00)
土曜日/
9:30~13:30
(受付終了13:00)
【休診日】
日曜日・祝日 ※土曜日午後休診
※駐車場あり(4台停められます)

Google MAPで見る

ウェブ予約
タップすると電話がかかります 075-451-0418 ウェブ予約