虫歯治療General Dentistry

虫歯予防には
糖分のコントロールが大事です

虫歯の予防方法は、ほとんどの方がしっかり歯磨きをすることだと思っていらっしゃるのではないでしょうか。実際には、糖分を摂取する機会をコントロールすることが大事なのです。

虫歯とは口腔内が酸性に傾き、酸によって溶かされている状態です。この酸は虫歯菌が糖分を摂取したときに出されます。では、糖分はどのようにして出てくるのでしょうか?それは砂糖や炭水化物を摂取したときに、唾液によってこれらが糖になることで発生します。糖分と虫歯菌が出会うと、虫歯菌が糖を代謝し、酸を出すというわけです。

糖分を採ったら
絶対虫歯になるのですか?

そうとは限りません。
必ず一回は歯が溶かされますが、元に戻る方法があるためです。ただし、様々な条件が重なるため、元に戻るからといって安心はできません。
では、その仕組みを見ていきましょう。

虫歯の進行

  1. CO

    いわゆる「なりかけの虫歯」です。歯のエナメル質という部分が柔らかくなっており、放置すると穴が開いて進行してしまいますが、早い段階で適切な処置を行うと治る場合もあります。

  2. C1

    Coから一歩進んだ虫歯です。エナメル質に穴が空き、物が詰まりやすくなります。欠けた部分は元に戻らないので、大きい場合や見た目に関係する場合は治療の対象になることがあります。

  3. C2

    治療の対象となる虫歯です。エナメル質が酸によって完全に破壊され、象牙質という柔らかい部分が露出した状態なので、冷たいものがしみたり、噛むと痛いといった症状が現れます。進行が速いため、早急に処置が必要です。

  4. C3

    虫歯が大きく進行し、神経まで到達した状態です。神経を取り除く治療が必要になります。治療後は歯全体を被せる必要があります。

  5. C4

    末期の虫歯です。健康な歯が非常に少ないため、抜いてしまう必要があります。放置すると顔が大きく腫れたり、歯周病で周囲に悪影響を及ぼしたりする場合もあります。

削らない虫歯治療について

患者様の症状によって治療と修復の方法を選択していきますが、できるだけ削らずに歯質を残す治療を目指します。
虫歯は細菌による感染症であることから、従来は虫歯部分を大きく削る治療が主流でした。しかし、近年では初期の小さな虫歯なら進行を抑制できることがわかってきました。また、修復材も改良され、今では必要以上に歯削らずに残す治療が可能になっています。


定期チェックをわすれずに

歯は削った部分が大きいほど、弱くなります。そして、よほど予防に努めない限り、再発と修復治療が繰り返されて、最後は歯を失うことになります。

お口の健康や見た目の自然さという点でも、天然の歯に勝るものはありません。ご家庭での歯磨きはもちろん、歯科医院での定期的なチェックとプロのケアを受けて、治療は最小限にとどめるのが、自分の歯を残す最適な方法です。

お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-451-0418 TEL 075-451-0418 受付時間 9:30~19:00
※ 日曜・祝日、土曜午後を除く

ウェブからのご予約はこちら ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 マス歯科医院
〒602-8421
京都府京都市上京区
上立売通堀川西入芝薬師町623
TEL 075-451-0418 / FAX 075-415-1571

 
9:30 - 19:30
9:30 - 13:30
【診療時間】
月曜日~金曜日/
9:30~19:30
(受付終了19:00)
土曜日/
9:30~13:30
(受付終了13:00)
【休診日】
日曜日・祝日 ※土曜日午後休診
※駐車場あり(4台停められます)

Google MAPで見る

ウェブ予約
タップすると電話がかかります 075-451-0418 ウェブ予約