虫歯治療General Dentistry

虫歯予防には
糖分のコントロールが大事です

虫歯の予防方法は、ほとんどの方がしっかり歯磨きをすることだと思っていらっしゃるのではないでしょうか。実際には、糖分を摂取する機会をコントロールすることが大事なのです。

虫歯とは口腔内が酸性に傾き、酸によって溶かされている状態です。この酸は虫歯菌が糖分を摂取したときに出されます。では、糖分はどのようにして出てくるのでしょうか?それは砂糖や炭水化物を摂取したときに、唾液によってこれらが糖になることで発生します。糖分と虫歯菌が出会うと、虫歯菌が糖を代謝し、酸を出すというわけです。

糖分を採ったら
絶対虫歯になるのですか?

そうとは限りません。
必ず一回は歯が溶かされますが、元に戻る方法があるためです。ただし、様々な条件が重なるため、元に戻るからといって安心はできません。
では、その仕組みを見ていきましょう。

topics

どうやって溶けかけた歯が
元に戻るのですか?

唾液によって元に戻ります。そのため、唾液が少ない人は虫歯になりやすいと言えます。

唾液には再石灰化という作用とpH緩衝作用があります。再石灰化は酸により溶け出したミネラルを修復し、元に戻す作用です。pH緩衝作用とは糖分によって酸が出され、酸性に傾いた口腔内のpHを中和させる作用です。通常、20~30分でpHが元通りに戻ります。つまり、一回の食事の後は30分くらいは口腔内を唾液が満たす時間を作ったほうが良いということです。

ちびちびと10分おきに糖分を摂っていると、歯の修復はいつまで経っても行われず、虫歯が進行してしまいます。カフェオレやチョコレートなどをこまめに口にしている方は、なるべく時間をかけずにすぐに食べたり、飲んだりするようにしましょう。

虫歯の進行

  1. CO

    いわゆる「なりかけの虫歯」です。歯のエナメル質という部分が柔らかくなっており、放置すると穴が開いて進行してしまいますが、早い段階で適切な処置を行うと治る場合もあります。

  2. C1

    Coから一歩進んだ虫歯です。エナメル質に穴が空き、物が詰まりやすくなります。欠けた部分は元に戻らないので、大きい場合や見た目に関係する場合は治療の対象になることがあります。

  3. C2

    治療の対象となる虫歯です。エナメル質が酸によって完全に破壊され、象牙質という柔らかい部分が露出した状態なので、冷たいものがしみたり、噛むと痛いといった症状が現れます。進行が速いため、早急に処置が必要です。

  4. C3

    虫歯が大きく進行し、神経まで到達した状態です。神経を取り除く治療が必要になります。治療後は歯全体を被せる必要があります。

  5. C4

    末期の虫歯です。健康な歯が非常に少ないため、抜いてしまう必要があります。放置すると顔が大きく腫れたり、歯周病で周囲に悪影響を及ぼしたりする場合もあります。

お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-451-0418 TEL 075-451-0418 受付時間 9:30~13:00 /
15:00~19:00
※ 日曜・祝日、土曜午後を除く

ウェブからのご予約はこちら ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 マス歯科医院
〒602-8421
京都府京都市上京区
上立売通堀川西入芝薬師町623
TEL 075-451-0418 / FAX 075-415-1571

 
9:30 - 13:30
15:00 - 19:30
【診療時間】
9:30~13:30
(※受付終了13:00)
15:00~19:30
(※受付終了19:00)
【休診日】
日曜日・祝日 ※土曜日午後休診
※駐車場あり(4台停められます)

Google MAPで見る

ウェブ予約
タップすると電話がかかります 075-451-0418 ウェブ予約