訪問歯科visit

かかりつけの訪問歯科を
つくりませんか?

寝たきりになってしまわれたご家族や施設の利用者様に、訪問歯科診療が可能なかかりつけの歯科医師はいらっしゃいますか?かかりつけの訪問歯科を探しているという方は、ぜひ当院にお問い合わせください。

訪問歯科診療では、寝たきりになられたり、足腰が弱られるなど通院ができない状態になってしまった方のご自宅や施設に、歯科医師や歯科衛生士がお伺いします。訪問専用車にて診療ユニットをお持ちし、治療を行います。虫歯や歯周病の痛いところの治療や入れ歯の治療など、歯科医院で行う治療範囲のほとんどにご対応しています。

訪問歯科Q&A

  • 口腔ケアって何ですか?

    歯科医院に通院できない方の多くは、身体に不自由を抱えていらっしゃいます。その場合、お口の中に食事が残ったり、お手入れが行き届かなったりすることで、誤嚥性肺炎のリスクが高くなってしまいます。口腔ケアは誤嚥性肺炎を防ぐための専門家によるお手入れです。

  • 健康保険は
    適用されますか?

    もちろん健康保険が適用されます。治療費は1割負担の後期高齢者の方の場合で、1回2000円前後です。

  • 介護保険は
    適用されますか?

    介護保険をお持ちの方は、介護保険が適用されます。歯科医師による診療か、歯科衛生士による診療かによって、金額が異なります。

誤嚥性肺炎を防ぐために

高齢者の死亡原因の上位に位置する疾患の一つに肺炎があります。細菌やウィルスなどの病原体が肺に感染することが、一般的な肺炎の原因です。歯科の領域で関係する肺炎の種類としては、誤嚥性肺炎があります。誤嚥性肺炎は、食事の残りや細菌の塊が誤って肺に流入してしまうことで発症する肺炎です。ケースによっては、重篤な肺炎を引き起こすこともあります。つまり「口腔ケア」は「命のケア」といっても過言ではないのです。

誤嚥性肺炎を防ぐための2大ポイントは「清掃」と「機能回復」です。嚥下機能が衰えないようにリハビリをすることや、口腔内に細菌を溜めないように清潔にしておくことが有効です。

摂食嚥下リハビリテーションを行います

「いつまでもおいしく安全に食べられるお口」を守り支えることは、低栄養・身体機能の低下やそれに伴う精神性の低下なども予防し、生きる活力を失わないために重要なことです。
高齢になられたり、脳梗塞などでお口の機能が低下してしまった場合、骨折した後歩く練習をするのと同じように、摂食嚥下のリハビリテーションが必要です。個人に合わせたプログラムを組み、回復に合わせて行っていきます。

摂食嚥下の
リハビリテーションの流れ

  1. 口腔衛生を整える

  2. 噛める歯・口をつくる

  3. 口の機能を評価し
    プランを立てる

  4. プランに基づいて
    プロケアと
    自主的ケアを行う

お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-451-0418 TEL 075-451-0418 受付時間 9:30~18:00
※ 日曜・祝日

\ 24時間受付中 / 24時間ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 マス歯科医院
〒602-8421
京都府京都市上京区
上立売通堀川西入芝薬師町623
TEL 075-451-0418 / FAX 075-415-1571

 
9:30 - 18:30
【診療時間】
月曜日~土曜日/
9:30~18:30
(受付終了18:00)
※昼休憩時間なく診療の受付を行っています。
【休診日】
日曜日・祝日 
※駐車場あり (4台停められます)

Google MAPで見る

24時間WEB予約受付中 アクセス・診療時間
タップすると電話がかかります 075-451-0418 ウェブ予約