スタッフブログ Blog

歯の着色の原因と予防法

歯の着色は、歯のくすみ・黄ばみの原因になり、口元の印象を大きく左右します。歯の白さを気にする人がとても多いですが、歯の着色の原因は日常的に摂取している飲食物などが原因になっている場合があります。

■歯の着色の主な原因
★お茶、コーヒー類をよく口にする…お茶類に含まれるタンニンは、歯を着色させやすく、コーヒーに含まれるカフェインは、歯を覆う被膜を着色させ、黄ばみの原因になります。

★色の濃い食べ物を好む…赤ワイン、カレー、ミートソースといった色の濃いものを頻繁に口にする人は歯が着色しやすくなります。

★喫煙する…タバコに含まれるタールが歯を着色させます。

毎日歯磨きをしていても、着色を完璧に予防できない場合が多いです。それは、単に汚れが付着しただけでなく、唾液中のタンパク質(ぺクリル)と結びついて歯面に沈着してしまうからです。

では、これらを予防するには、どうすればよいのでしょう…

着色を防ぐには、まず、これらの食べ物や飲み物などの摂取を避けることです。 水分補給には水を飲む、冷たいコーヒーや紅茶の場合は歯につけないようストローを使って飲む。そして、喫煙される方は禁煙をすれば予防できるでしょう。とはいえ、汚れがつくからといって原因となる食べ物や飲み物を完全に避けるのは難しいことです。

■予防法
★タンニン、カフェイン”の成分が少ない飲み物を選ぶ…ほうじ茶、麦茶、そば茶は意外にもタンニンが少ないそうです。また、ルイボスティーはノンカフェインでタンニンも少なく着色しにくいうえに、抗酸化作用や整腸作用もあり、美容にも嬉しい成分が含まれているそうです!!

★タバコを控える…種類は様々ですが、着色の原因であるタールがほとんど含まれていない、電子タバコがおすすめです。
臭いもかなり抑えられ、発がん性物質であるタールが無いことで本人はもちろん周囲への健康面の影響もかなり少なくなり、一石二鳥です‼︎

★定期的に歯科医院で除去する…ホワイトニング効果を謳った歯磨き粉も多く販売されていますが、歯磨き粉だけで着色汚れをすべて除去し、歯を元の色に戻すことは困難でしょう。
歯科医院のクリーニング(PMTC)は、セルフケアでは除去できない着色を除去できます。毎日のブラッシングで着色を予防し、定期的にクリーニングを受けることは、歯の白さの維持はもちろん、お口の健康維持につながります。

今回は歯の着色と予防法についてお話しましたが、虫歯や歯周病など他にも気になることがあるようでしたら、マス歯科医院にご相談くださいませ。

マス歯科衛生士部門

お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-451-0418 TEL 075-451-0418 受付時間 9:30~18:00
※ 日曜・祝日

\ 24時間受付中 / 24時間ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 マス歯科医院
〒602-8421
京都府京都市上京区
上立売通堀川西入芝薬師町623
TEL 075-451-0418 / FAX 075-415-1571

 
9:30 - 18:30
【診療時間】
月曜日~土曜日/
9:30~18:30
(受付終了18:00)
※昼休憩時間なく診療の受付を行っています。
【休診日】
日曜日・祝日 
※駐車場あり (4台停められます)

Google MAPで見る

24時間WEB予約受付中 アクセス・診療時間
タップすると電話がかかります 075-451-0418 ウェブ予約