スタッフブログ Blog

「乳歯の外傷について」

まだまだ暑い日もありますが、段々と秋が深まってきましたね。


秋といえばスポーツの秋ですが、ちょうど先日、
子どもの運動会があり、
子ども達がそれぞれに様々な競技を頑張っていました。

その中で、可哀想なことに、
全力疾走中に転倒してしまい、唇から出血した子がおり、
幸い歯は問題無さそうでしたが、唇に切り傷ができていました。



子どもは転倒しても、反射的に手をつけない事も多く、
顔面を強打してしまい、歯のケガも多くなりがちです。


今回は、乳歯の外傷について書きたいと思います。



乳歯の外傷で多いのは、圧倒的に、上の真ん中の前歯2本です。


強打することにより、折れたり、歪んでしまったり、
歯茎の中に歯がめり込んだり、色々な状態があります。


一応歯が残っている場合は、ワイヤーで固定してみて様子をみて、
そのままうまくいく場合もあります。

















それでうまくいかない場合(歯茎が膿んできたり)、
また完全に歯が折れてしまっている場合は、
歯の神経を取る処置をしなければなりません。

その処置をして、永久歯に生え変わるまで様子をみますが、
これまた残念なことに、そこまでしても、歯がグラグラしてきて、
抜けてしまう場合もあります。


上の前歯はだいたい6、7歳頃に永久歯に生え変わりますが、
それを待たずに乳歯が無くなってしまった場合は、
少し可哀想ですが、子ども用の入れ歯を入れる必要があります。























これは、乳歯が抜けたところに、隣の乳歯が倒れてきて、
永久歯が生えるスペースが無くなってしまうのを防ぐためです。
ですので、なるべく、乳歯は失いたくないですね、、。


あと、外傷時に、ポロっと完全に歯が抜け落ちてしまった場合は、
サッと汚れを流水で洗い流し、お近くに牛乳があれば、
その中に浸して、歯科医院に急行してください。
うまくいけば、そのまま歯茎に戻して固定し、元通りにくっつく可能性もあります。


















子どもにケガは付き物ですが、なるべく健康な歯を守ってあげたいですね!











お問い合わせ Contact お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 075-451-0418 TEL 075-451-0418 受付時間 9:30~18:00
※ 日曜・祝日

\ 24時間受付中 / 24時間ウェブ予約

アクセス診療スケジュール Access / Schedule アクセス診療スケジュール Access / Schedule

医療法人社団和成会 マス歯科医院
〒602-8421
京都府京都市上京区
上立売通堀川西入芝薬師町623
TEL 075-451-0418 / FAX 075-415-1571

 
9:30 - 18:30
【診療時間】
月曜日~土曜日/
9:30~18:30
(受付終了18:00)
※昼休憩時間なく診療の受付を行っています。
【休診日】
日曜日・祝日 
※駐車場あり (4台停められます)

Google MAPで見る

24時間WEB予約受付中 アクセス・診療時間
タップすると電話がかかります 075-451-0418 ウェブ予約